WaCraf

江戸つまみ細工

記事一覧(132)

十八世中村勘三郎七回忌追善歌舞伎

歌舞伎座が新しく変わってから初めての観劇。と言うよりも、勘三郎さんが亡くなられてから、歌舞伎を見に行っていなかったことに気づいた。全く意図はなく、ただ、なんとなく。今回、泣くような演目ではないのに、泣けた。涙が勝手に出てきた。夜の部の演目は「宮島のだんまり」「義経千本桜 吉野山」「助六曲輪初花桜」玉三郎さんの静御前が初音の鼓を構えたとき、昔見た勘九郎さん(まだ、勘三郎を襲名していなかったと思う。それほど昔)の源九郎狐がよぎった。鼓の音にピクピク耳が動き、奇想天外なところから現れたり、駆け抜けたり。走り回る歌舞伎に驚いた。その忠信こと源九郎狐を演じるは中村勘九郎。故勘三郎さんのコケティッシュな部分は引き継いでいるが、踊りはお父様よりキリっとして好きだ。涙が溢れる。取りを飾るは「助六曲輪初花桜」助六と言えば成田屋さんの十八番だが、各家が「助六」を持っている。今回は松島屋さんの「助六」生前、勘三郎さんが助六は「50はまだ早い、60になったらやろう」「そのときは教えて」と仁左衛門さんに言っていたそうだ。その思いは成し遂げられず、次世代に引き継がれた。「よく見とけ」とばかりに貫禄がある助六だ。七之助の若い気っ風のいい揚巻もかわいい。脇を固めるのは満江の玉三郎さん。本当に母親のような気持ちで揚巻を見つめている。満江は助六の母になる。このような役を玉三郎さんが。と嘆くかたもいらっしゃるが、おじ様がたの愛をひしひしと感じた。みんなで中村屋をもり立て、支え、そして歌舞伎全体のてこ入れをしている。これが何百年も続いた由縁かもしれない。盛り上がったのは彌十郎さんのセリフ。さすが、通人。満場の拍手にまた、泣けた。角切銀杏が霞んで見えない。説明するのも野暮だが、角切銀杏は中村屋の定紋銀杏の学名はGinkgo biloba bilobaには「2つの裂片 」という意味がある。二人の中村屋が作り上げる角切銀杏、行方が楽しみである。